【動画】2016年に起きたロードレース中のクラッシュ、3選

昨年も、激しい駆け引きが繰り広げられたロードレース中、選手たちが落車する場面が何度も見受けられました。思わず目を背けたくなるようなクラッシュ現場ですが、YouTubeにアップロードされている動画を3つご紹介します。

ツール・ド・フランス(Tour de France)2016

ツール・ド・フランス クラッシュ
1903年に始まったツール・ド・フランスは、ロードバイクに興味がない人も恐らく聞いたことがあるだろう有名なレースです。レースはフランスだけでなく、その周辺国でも開催されます。

ブエルタ・ア・エスパーニャ(Vuelta a España)2016

ブエルタ・ア・エスパーニャ クラッシュ
スペインで9月に開催されるロードレースがブエルタ・ア・エスパーニャ。歴史は古く、初開催は1935年。ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリアと合わせ、Grands Tours(グランツール)と称されます。

UCIワールドツアー(UCI World Tour)2016

crash2016
2011年から始まったUCIワールドツアーは、年間シリーズ戦。2017年は37レースが予定されています。

動画を見た感想

レースに興奮した観客が落車の原因となった場面が見られましたが、プロ選手は瞬間的に時速70kmを出すこともあります。大変危険行為なので、レースを観戦する機会があったら沿道には絶対飛び出ないよう気を付けたいですね。

プロ選手でも、レース中にはスピードを出しすぎてコントロールを失い転倒することがあります。道路を走行中、気分が乗ってついスピードを出してしまうことがありますが、これらの動画を見て、今後は安全運転を心がけたいと改めて思いました。

関連記事

関連カテゴリー

ロードバイク, 動画, 自転車ニュース