ただお洒落なだけじゃなく…

独特のデザインやカラーリングで人気の高いイタリアメーカーのロードバイクたち。しかし、お洒落なデザインなのはもちろんだが、ツール・ド・フランスを始めとするビッグレースで数々の勝利を生んできた、そんなイタリアの名ブランドをご紹介。

1. BOTTECCHIA(ボッテキア)
2. DE ROSA(デローザ)
3. PINARELLO(ピナレロ)
4. Willier Triestina(ウィリエール トリエスティーナ)
5. Bianchi(ビアンキ)
6. BASSO(バッソ)
7. Cipollini(チッポリーニ)
8. FONDRIEST(フォンドリエスト)

BOTTECCHIA(ボッテキア)

BOTTECCHIA T1 ENDURANCE

参照:BOTTECCHIA

BOTTECCHIA(ボッテキア)はイタリアの自転車ブランド。

1926年テオドーロ・カルニエッリが創業。1924、25年と2年連続でツール・ド・フランスを制覇した後に謎の死を遂げたイタリア人天才レーサーであり、創業者の友人でもあったOttavio Bottecchia(オッタビオ・ボッテキア)がブランド名の由来である。創業から長い時を経た現在でも、常に革新を求め続けている。

レーシングバイクは高い剛性、空力性能、安定性と軽さを全て兼ね備えている。長年に渡り多くの選手たちに愛されてビッグレースで活躍してきた。参考までに、1989年のツール・ド・フランスでグレッグ・レモンが劇的な逆転勝利を収めた時に載っていたバイクもボッテキアであった。

BOTTECCHIA(ボッテキア)ホームページ

DE ROSA(デローザ)

DEROSA SK PININFARINA2

参照:DE ROSA

DE ROSA(デローザ)はイタリアの自転車ブランド。

12歳から自電車フレーム製作に携わってきた創業者のウーゴ・デローザが1953年に独立して自転車メーカーを創業、これが現在のデローザの始まりである。正式名称はUgo De Rosa & Figli (ウーゴ・デ・ローザ・エ・フィーリ)で、デローザは略称。ロゴマークのハートは自転車に対するPASSIONE(情熱)の証である。

現在、実質的な経営者は息子のクリスティアーノ・デローザであるものの、81歳(2016年現在)となったウーゴ・デローザは現在も会社の代表であり、毎日工房に顔を出して職人たちにアドバイスを与えている。

フレーム作りにはスチール、アルミ、チタン、カーボンという4つの素材を使っているが、中でも生産量が多いのはカーボンで8つのモデルを展開している。また、ロードバイクは全て、レースを念頭に置いた上で設計されており、いわゆる「エントリーグレード」は存在しない。デローザのフレームは多くの選手たちを勝利へと導いてきた。なお、高級自転車ブランドのエディ・メルクスは、デローザから強い影響を受けている。

DE ROSA(デローザ)ホームページ

PINARELLO(ピナレロ)

PINARELLO(ピナレロ)はイタリアの自転車ブランド。

1953年にプロレーサーを引退したジョヴァンニ・ピナレロが工房を立ち上げたのが始まりである。ロードバイクだけでなく、トラックレーサー、クロスバイク、トライアスロン用自転車、シティサイクル、子供用自転車も製造している。ピナレロを彩っているペイントは、創業者の息子であるファウスト・ピナレロが自らデザインしている。参考までに、彼は年間1万キロ以上を走るサイクリストでもある。

現在では一般的となった、インテグラルヘッドやカーボンバックを開発、また、ホリゾンタルフレームを採用する数少ないメーカーの一つである。初めてプロチームにフレームを提供したのは1960年のことである。1966年にはスポンサーチームが国際的レースで初優勝を果たした。1997年、姉妹ブランドであるオペラを設立した。1998年には世界初の「カーボンバック」モデルを発表した。2009年、世界初となる左右非対称のロードバイク、ドグマ60.1を発表、また同年、プリンスカーボンが2年連続となるバイシクルマガジン誌のレースバイクオブザイヤーを獲得した。

PINARELLO(ピナレロ)ホームページ

Willier Triestina(ウィリエール トリエスティーナ)

参照:Wilier

Wilier Triestina(ウィリエール・トリエスティーナ)はイタリアの自転車ブランド。1906年にピエトロ・ダル・モリン(Pietro Dal Molin)により、自転車工房「スチールホース」としてイタリアのバッサーノ・デル・グラッパで創業された。

ィリエールのプロチームはジロ・デ・イタリアを含む檜舞台で数多くの勝利を挙げ、広く支持を集めるようになる。またイタリア国内の産業発展による自転車需要の増加もあり、事業規模を拡大。最盛期には300人規模の会社となり、1日200台の自転車を製造していた。

Wilier Triestina(ウィリエール・トリエスティーナ)ホームページ

Bianchi(ビアンキ)

BIANCHI SPECIALISSIMA SUPER RECORD

引用:Bianchi

Bianchi(ビアンキ)はイタリアの自転車ブランド。

ビアンキは、ジロ・デ・イタリアやツール・ド・フランスとグランツールで多くの実績を残しているが、特に有名なのはファウスト・コッピやフェリーチェ・ジモンディ、マルコ・パンターニといった選手らが、ビアンキのバイクを使用し、ジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスで総合優勝を果たしている。

また、ロードバイクに限らず、マウンテンバイクも積極的なモデル投下を行っている。近年ではクロスカントリーバイクにも力を入れており、ワークスチームも擁している。2004年のアテネオリンピックでは、ビアンキのクロスカントリーバイクに乗ったジュリアン・アブサロンが金メダルを獲得した。

イタリア語で「青い空」の意味である「チェレステ」と呼ばれる青緑がブランドアイコンとして有名である。この色は、その年のミラノの空の色を見て現地の職人が色を調合すると言われており、同じくチェレステカラーと呼ばれる色でも、年ごとに違った色になっているとされている。

日本で販売されるビアンキのモデルはアメリカや日本で企画・デザインされ、台湾で生産される物が導入されている。これは世界各地のニーズへ合わせたモデル開発を行っているためである。日本での販売はサイクルヨーロッパジャパン株式会社が行っており、2009年12月には直営店であるコンセプトストア「ビアンキ・ストア」を、東京・外神田をはじめ日本国内へ6店舗展開している。自由が丘店ではカフェを併設した「ビアンキカフェ&サイクルズ」を展開しており、ライフスタイル提案を含めたブランド展開が特徴である。

Bianchi(ビアンキ)ホームページ

BASSO(バッソ)

BASSO DIAMANTE BLUE

参照:BASSO

BASSO(バッソ)はイタリアの自転車ブランド。

1979年に創業されたイタリアの自転車ブランドBASSO(バッソ)は、カーボンモノコックのフレーム製作を得意とする。プロレーサーとして活躍した長男、経営専門家である次男、メカニックとしてレースチームで活躍した三男の3人兄弟で経営される。

創業者三兄弟の長男であるイタリアでプロのロードレーサーとして活躍。1981年に引退するまで、ジローデ・イタリアのステージを含め82勝を飾っている。三男のアレイドは10代の頃から、長男マリノのチームメカニックを務め、ツール・ド・フランスやイタリア国内で開催される数多くのレースへと帯同し、その才能を発揮した。次男のレナートだけは他の兄弟とは異なり、自転車の世界ではなく勉学で才覚を表していた。ドイツ、テュービンゲン大学を卒業した後、パドアの大学院へ進み哲学の研究に従事した。

今現在も、この三兄弟がBASSOを率いており、兄弟それぞれがこれまでに歩んできた道のエキスパートとして会社を支えている。

BASSO(バッソ)ホームページ

Cipollini(チッポリーニ)

CIPOLLINI MCM

参照:CIPOLLINI

Cippolini(チポッリーニ)はイタリアの自転車ブランド。

1990年代、世界選手権優勝、ジロ・デ・イタリア通算勝利最多記録を持つ、イタリア人ロードレーサーのマリオ・チポッリーニが創業したメーカーの『Cippolini』は、Made in Italyへこだわり、一台ずつハンドメイドで仕上げられている。

Cippolini(チッポリーニ)

FONDRIEST(フォンドリエスト)

FONDRIEST(フォンドリエスト)は、イタリアの自転車ブランド。1988年の世界選手権でロード優勝を果たし、91年及び93年にはワールドカップ優勝するなど、輝かしい形跡を残したマウリツィオ・フォンドリエストが、選手時代に立ち上げたブランドである。

自らカーボン専用工場をつくってしまうほど製品へのこだわりも強く、その開発は常にレースからのフィードバックが元になっている。

もちろん先進の技術を積極的に取り入れており、常に最新鋭のものづくりに挑戦を続けている。

FONDRIEST(フォンドリエスト)ホームページ