予算20万円は難しいけど、15万円前後ならどうにか頑張れそう?

【2020年モデル/15万円クラス限定】予算別で選ぼう!コストパフォーマンスの高いロードバイクまとめ Vol.1 MERIDA/GIANT/BIANCHI/CANNONDALE
【2020年モデル/15万円クラス限定】予算別で選ぼう!コストパフォーマンスの高いロードバイクまとめ Vol.2 TREK/SPECIALIZED/CANYO/FELT
【2020年モデル/15万円クラス限定】予算別で選ぼう!コストパフォーマンスの高いロードバイクまとめ Vol.3 ANCHOR/FUJI/Khodaa Bloom/WILIER
【2020年モデル/15万円クラス限定】予算別で選ぼう!コストパフォーマンスの高いロードバイクまとめ Vol.4 BASSO/COLNAGO/GIOS
【2020年モデル/15万円クラス限定】予算別で選ぼう!コストパフォーマンスの高いロードバイクまとめ Vol.5 SCOTT/BMC/GUSTO

ロードバイクが欲しいけど、高級なものは手が出ない・・・。ロードバイクを購入にするに当たってはじめに気にするのは、やはり価格だろう。

初心者に多くお勧めされるコンポーネントShimano 105を採用したロードバイクでもメーカーやフレーム材質によって値段もピンキリだ。

そこでコンポーネントグレードにこだわり、Shimano 105を採用し、「20万円代までは手が届かないけど15万円クラスなら」といった初心者にお勧めなロードバイクをまとめてみた。今回ご紹介するのはアメリカンブランドのTREKとSPECIALIZED、ドイツメーカーのCANYONとFELTをご紹介。

中でもCANYONのバイクはカーボンロードバイクかつShimano 105搭載モデルなので必見だ。

TREK|トレック 下へ
SPECIALIZED|スペシャライズド 2ページ目
CANYON|キャニオン 3ページ目
FELT|フェルト 4ページ目

TREK|トレック

TREK(トレック)は1975年にアメリカ・ウォータールーでディック・バークとべビル・ホッジが創業した会社である。5人の従業員で、当時日本製とイタリア製のフレームが独占していたミドル~ハイエンドモデルの市場をターゲットにしたクロモリフレームを持つ自転車の製造を行っていた。1982年にロードレース用自転車の生産を開始して以来、高い技術力と品質で世界を席巻し、グランツールで活躍を続けている。パーツメーカーのBONTRAGER(ボントレガー)を傘下に置いており、バイクとのトータルパッケージでの開発を行えるのも強みだ。

TREK(トレック)について詳しく知る(ブランド辞典)/見る(カタログ)

ÉMONDA ALR 5(エモンダ ALR 5)

TREK ÉMONDA ALR 5

参照:TREK

  • メーカー:TREK(トレック)
  • モデル名:ÉMONDA ALR 5(エモンダ ALR 5)
  • メインコンポ:Shimano 105
  • カラー:
    Matte Gravel-Gloss Quicksilver
    Purple Flip
  • サイズ:47/50/52/54/56/58/60 cm
  • 重量:8.80kg
  • 税抜価格:179,000円

ブランド辞典:TREK

SPECIALIZED|スペシャライズド