ANCHOR2020年モデル発表、日本が誇る自転車メーカー史上もっとも進むバイクが進化

2019年9月24日表参道にて、株式会社ブリヂストン及びブリヂストンサイクル株式会社がANCHORの2020年モデルを発表。新型となったのは『RS9s』『RL6D』『RL3』の3種類。

レーシングラインとアクティブライン

ANCHORは2020年モデルの発表に際して、『レーシングライン』と『アクティブライン』の枠組みを設定。

新しくなったロゴ

『レーシングライン』のテーマは「勝利・情熱・ストイック」。「高みを目指し挑戦つづける競技者を支える」がコンセプト。これまで全てのバイクが『ANCHOR』ロゴだったが2020年モデルから、より戦闘力をイメージさせる『BRIDGESTONE』ロゴを採用。

ブリヂストン BRIDGESTONE ANCHOR アンカーブリヂストン BRIDGESTONE ANCHOR アンカー『アクティブライン』のテーマは「上質・爽快・期待感」。競技だけでなく、より自由な楽しみ方にフォーカスしたプロダクトラインになっており、都市における調和をイメージしつつ、自然をモチーフにした新カラーリング『フェードスタイル』を採用。カラー間をつなぐフェードパターンは日常と非日常のシームレスさを表現している。

会場にはMTBや日本代表供給バイクも

ブリヂストン BRIDGESTONE ANCHOR アンカー

日本代表への供給が正式に決定したトラック用バイク

ブリヂストン BRIDGESTONE ANCHOR アンカー

同社フラッグシップクロスカントリーバイク XR9

ANCHOR2020年モデル発表会では、2020東京オリンピックトラック競技日本代表への機材供給も正式に発表された。ロードレースとは別軸となるが、ブリヂストンが日本の自転車競技を大きく支えることを意味する。
RS9s | ブランド史上最も進むバイクがさらに進化