ARGON18(アルゴンエイティーン)の概要

ARGON18(アルゴンエイティーン)はカナダの自転車ブランド。

ARGON 18(アルゴンエイティーン)はカナダに本拠を置く自転車ブランド。エアロロードバイクの制作に長けており、トライアスロンで大きなシェアを持つ。1999年に、ロードレースのカナダ代表を務めた経験を持つジャーベス・リューが立ち上げた。

 

ARGON 18の歴史

長くロードレースの舞台で活躍を続けたジャーベス・リューは現役引退後にモントリオールの自転車専門店を買収した。経営者としても才覚を表したジャーベスは、この店をカナダ東部を代表する自転車専門店にまでに成長させた。

1999年、北米最大規模の自転車展示会であるインターバイクへARGON18は初出展をし、翌年にはヨーロッパへ販売網を広げた。そして、アジア、オセアニアへと販路を拡大し続け、世界中で認知される一大バイクブランドへと成長していった。この頃からカーボン素材を使ったフレーム開発が始まり、ARGON 18初のカーボンロードバイクであるARGON 18 HELIUM(ヘリウム)が生み出された。

2006年、サマンサ・マックグローンがアイアンマン70.3で、トールビヨン・シンバレとベラ・コマーフォードがLD トライアスロン・ワールド・チャンピオンシップで、それぞれタイトルを獲得。ARGON 18は世界最高峰のレースシーンにおいて、多大な存在感を示す事になった。

2008年に開発されたE-114タイムトライアル用バイクは、その独創的なデザインからユーロバイクアワードを受賞。カナダ・ケベック州において開催される国際デザインコンペにおいて、最優秀工業デザイン賞を獲得した。

 

ARGON 18の日本における展開

ARGON 18は神奈川県を本拠とし、様々な海外バイクブランドの輸入を行なうブレイントレーディング株式会社が日本総輸入代理店を務める。

 

ARGON 18のラインナップ

ロードバイクとしては、軽量さを追求したカーボンロードバイク「GALLIUM(ガリウム)」、ロングライドにも対応したカーボンロードバイク「KRYPTON(クリプトン)」、コストパフォーマンスと性能をバランスさせたアルミロードバイクの「RADON(ラドン)」、エアロ性能を追求したカーボンロードバイクの「NITROGEN(ナイトロジェン)」がラインナップされる。ロードバイクにはブランド名同様に科学元素の名前が冠されている。

また、トライアスロン・タイムトライル向けのバイクでは大きなシェアを持つARGON 18は、2008年に世界中で話題となったE-114の系譜を持つ、E-118 NEXT、E-116、E-112、E-80をラインナップする。

ARGON18の基本情報

名称 ARGON18 (アルゴンエイティーン)
カナダ
公式サイト ARGON18公式サイト

ARGON18の取扱店

その他のARGON18の取扱店情報をお持ちの方は「掲載情報の訂正依頼」からお知らせ下さい。


掲載情報の訂正を依頼する

掲載されている情報について

  • 掲載のショップ情報、試乗車・展示車情報など、すべての掲載情報については万全な保証をいたしかねます。掲載情報について訂正が必要な場合は「掲載情報の訂正を依頼する」から訂正依頼をお願いいたします。
  • 各ショップの試乗車・展示車情報は常に変動しています。最新の情報は必ず各ショップへお問合せください。