DE ROSA(デローザ)の概要

DE ROSA(デローザ)はイタリアの自転車ブランド。

12歳から自電車フレーム製作に携わってきた創業者のウーゴ・デローザが1953年に独立して自転車メーカーを創業、これが現在のデローザの始まりである。正式名称はUgo De Rosa & Figli (ウーゴ・デ・ローザ・エ・フィーリ)で、デローザは略称。ロゴマークのハートは自転車に対するPASSIONE(情熱)の証である。

現在、実質的な経営者は息子のクリスティアーノ・デローザであるものの、81歳(2016年現在)となったウーゴ・デローザは現在も会社の代表であり、毎日工房に顔を出して職人たちにアドバイスを与えている。

フレーム作りにはスチール、アルミ、チタン、カーボンという4つの素材を使っているが、中でも生産量が多いのはカーボンで8つのモデルを展開している。また、ロードバイクは全て、レースを念頭に置いた上で設計されており、いわゆる「エントリーグレード」は存在しない。デローザのフレームは多くの選手たちを勝利へと導いてきた。なお、高級自転車ブランドのエディ・メルクスは、デローザから強い影響を受けている。

DE ROSAの基本情報

名称 DE ROSA (デローザ)
イタリア
公式サイト DE ROSA公式サイト

DE ROSAの取扱店

その他のDE ROSAの取扱店情報をお持ちの方は「掲載情報の訂正依頼」からお知らせ下さい。


掲載情報の訂正を依頼する

掲載されている情報について

  • 掲載のショップ情報、試乗車・展示車情報など、すべての掲載情報については万全な保証をいたしかねます。掲載情報について訂正が必要な場合は「掲載情報の訂正を依頼する」から訂正依頼をお願いいたします。
  • 各ショップの試乗車・展示車情報は常に変動しています。最新の情報は必ず各ショップへお問合せください。