GIOS(ジオス)の概要

GIOS(ジオス)はイタリアの自転車ブランド。

1948年、トルミーノ・ジオスによりトリノで設立された。創業者のトルミーノ・ジオスは元プロのサイクリストで、ベルリン五輪ではイタリア代表に選ばれるほどの名選手であった。そのため、ジオスのエンブレムには五輪があしらわれている。

フレームの精度には徹底的にこだわっており、その高いクオリティから「ドイツ的な印象さえ与える」と評されている。

1973年にロジャー・ドブラマンクとそのチーム・ブルックリンにフレームを供給した。ドブラマンクは4年間で通算47勝を挙げ、これにより、ジオスの名声は一気に高まった。

それまで、ジオスのシンボルカラーはオレンジであったが、ドブラマンクの使用したフレームは濃い青色だった。これが後にジオスブルーと呼ばれるようになり、ジオスのイメージカラーとなっている。

1994年よりスペイン・ケルメ、2003年から2004年まではイタリア・フォルマッジピンゾーロへフレームを供給した。

GIOS 2018年 ロードバイクラインナップ

SETTANTA

SETTANTA

引用:GIOS

フレーム:クロモリ
カラー:ジオスブルー
サイズ:48/50/52/54/56
完成車価格:¥298.000(税別)

TORNADO(トルナード)

GIOS TORNADO

引用:GIOS

フレーム:カーボン
カラー:マットブラック
サイズ:48/51/54
コンポーネント:ULTEGRA/シマノ105
完成車価格:¥478.000(R8000 COSMIC PRO CARBON SL/税別)
¥268.000(R8000 RS-010/税別)
¥218.000(シマノ105/税別)

AERO LITE(エアロライト)

AERO LITE

引用:GIOS

フレーム:カーボン
カラー:ジオスブルー/モザイク
サイズ:48/50/52/54
コンポーネント:ULTEGRA/シマノ105
完成車価格:¥518.000(R8000 COSMIC PRO CARBON SL/税別)
¥308.000(R8000 RS-010 /税別)
¥258.000(シマノ105/税別)
2018年ラインナップ

1 2 3 4 5 6 7 8

GIOSの基本情報

名称 GIOS (ジオス)
イタリア
公式サイト GIOS公式サイト

GIOSの取扱店

その他のGIOSの取扱店情報をお持ちの方は「掲載情報の訂正依頼」からお知らせ下さい。


掲載情報の訂正を依頼する

掲載されている情報について

  • 掲載のショップ情報、試乗車・展示車情報など、すべての掲載情報については万全な保証をいたしかねます。掲載情報について訂正が必要な場合は「掲載情報の訂正を依頼する」から訂正依頼をお願いいたします。
  • 各ショップの試乗車・展示車情報は常に変動しています。最新の情報は必ず各ショップへお問合せください。