SPECIALIZED(スペシャライスド)の概要

SPECIALIZED(スペシャライスド)はアメリカの自転車ブランド。

スペシャライズドは正式名称Specialized Bicycle Components。1974年にアメリカ カリフォルニア州のサンノゼで誕生した。「Innovate or Die”(革新を、さもなくば死を)」をスローガンに掲げ、ロードバイク、マウンテンバイクの自転車フレームのみならず、ウエア、ヘルメットなどのアクセサリーも展開する総合的なサイクリングブランドである。

 

SPECIALIZEDの歴史

創業者はマイク・シンヤード。「大学卒業後にも自転車に関わる仕事がしたい」と思い、当時乗っていたフォルクスワーゲンバスを1500ドルで売却。それの資金を元手に、自転車文化発祥の地であるヨーロッパ縦断へと旅立った。その際にイタリアの老舗バイクブランド、チネリの創始者チーノ・チネリと会う機会を得て、アメリカへの輸入権を獲得し、輸入代理店を始めた。

1976年にはSPECIALIZEDのオリジナルパーツ開発に着手。手始めとして作られたツーリング用タイヤは日本の三ツ星ベルトが製作したと言われている。1979年には、現在もアルミロードバイクのモデルとして名前が残る「Allez(アレー)」を発売した。

1981年、世界初の量産型マウンテンバイクであり、大ヒットモデルとなった「スタンプジャンパー (Stumpjumper)」を発売。ワシントンD.Cにあるスミソニアン協会の永久所蔵品にも加えられている。発売当時のスタンプジャンパーは日本の新家工業によるOEM生産であり、その後も日本メーカーによる高品質なスチールフレームは高い人気を博した。

エアロロードバイクの開発にもいち早く着手しており、VENGE(ヴェンジ)は、F1の名門チームであるマクラーレンと共同開発が行われた。VENGEは2011年のツール・ド・フランスで、マーク・カヴェンディッシュに5度のステージ優勝をもたらし、さらにカヴェンディッシュはその時の世界選手権でも優勝を飾った。

2000年、スペシャライズドは財務状況が悪化し、当時フレーム生産のOEM委託先であった台湾のメリダ・インダストリー傘下となった。メリダはスペシャライズドのブランド力を生かすことにして、株式投資は49%に抑え共同経営の形をとっている。

 

SPECIALIZEの日本における展開

1990年よりダイワ精工が日本総代理店を務めてきたが、2007年に契約を終了。それ以降はスペシャライズドの日本法人として新たに設立された、スペシャライズド・ジャパン合同会社がスペシャライズドの販売を行っている。新宿には直営店である「スペシャライズド東京」、神奈川県の厚木にはアクセサリー類の販売や各種セミナーの運営、ボディージオメトリーフィット・ウィズ・リトゥールの実施などを行なう「スペシャライズド・ラウンジ」を展開している。西日本では大阪にスペシャライズド・コンセプトストアの「ラビットストリート江坂店」がある。

 

SPECIALIZEとS-WORKSの違い

SPECIALIZEDの中でもレース色の強いモデルは「S-WORKS」ブランドとして販売される。軽量さを追求したカーボンロードの「S-WORKS TARMAC」シリーズ、アルミロードバイクの「S-WORKS Allez」、エアロカーボンロードバイクの「VENGE」、ロングライド向けのカーボンロードバイク「ROUBAIX」がラインナップされる。

SPECIALIZEDの基本情報

名称 SPECIALIZED (スペシャライスド)
アメリカ
公式サイト SPECIALIZED公式サイト

SPECIALIZEDの取扱店

その他のSPECIALIZEDの取扱店情報をお持ちの方は「掲載情報の訂正依頼」からお知らせ下さい。


掲載情報の訂正を依頼する

掲載されている情報について

  • 掲載のショップ情報、試乗車・展示車情報など、すべての掲載情報については万全な保証をいたしかねます。掲載情報について訂正が必要な場合は「掲載情報の訂正を依頼する」から訂正依頼をお願いいたします。
  • 各ショップの試乗車・展示車情報は常に変動しています。最新の情報は必ず各ショップへお問合せください。