Bianchi(ビアンキ)の概要

Bianchi(ビアンキ)はイタリアの自転車ブランド。

1885年にイタリアで創業され、130年以上の歴史を持つ老舗ブランド。現在乗られている自転車の形が発明された年に創業しており、現存する自転車ブランドの中では最も長い歴史を持つ。正に自転車の歴史と共に歩んできたと言えるブランド。1988年からはCycleurope AB傘下のブランドとなった。

1955年から1992年にかけて存在した自動車ブランド「アウトビアンキ」の出自はビアンキの自動車部門である。第二次世界大戦後に経営不振へ陥ったため、フィアットとピレリの資金援助を受けアウトビアンキとなった。

ビアンキは、ジロ・デ・イタリアやツール・ド・フランスとグランツールで多くの実績を残しているが、特に有名なのはファウスト・コッピやフェリーチェ・ジモンディ、マルコ・パンターニといった選手らが、ビアンキのバイクを使用し、ジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスで総合優勝を果たしている。

また、ロードバイクに限らず、マウンテンバイクも積極的なモデル投下を行っている。近年ではクロスカントリーバイクにも力を入れており、ワークスチームも擁している。2004年のアテネオリンピックでは、ビアンキのクロスカントリーバイクに乗ったジュリアン・アブサロンが金メダルを獲得した。

イタリア語で「青い空」の意味である「チェレステ」と呼ばれる青緑がブランドアイコンとして有名である。この色は、その年のミラノの空の色を見て現地の職人が色を調合すると言われており、同じくチェレステカラーと呼ばれる色でも、年ごとに違った色になっているとされている。

日本で販売されるビアンキのモデルはアメリカや日本で企画・デザインされ、台湾で生産される物が導入されている。これは世界各地のニーズへ合わせたモデル開発を行っているためである。日本での販売はサイクルヨーロッパジャパン株式会社が行っており、2009年12月には直営店であるコンセプトストア「ビアンキ・ストア」を、東京・外神田をはじめ日本国内へ6店舗展開している。自由が丘店ではカフェを併設した「ビアンキカフェ&サイクルズ」を展開しており、ライフスタイル提案を含めたブランド展開が特徴である。

他のブランドが毎年10月に新モデルを発表、12月頃から店頭へ並ぶのに対し、ビアンキは夏頃に新モデルを発表する。早い車種で12月頃から店頭に並び始め、遅いモデルは年が明けてから納車される場合も多い。また、店頭在庫を持たせる事が少なく、予約で完売するモデルも多い。

Bianchiの基本情報

名称 Bianchi (ビアンキ)
イタリア
公式サイト Bianchi公式サイト

Bianchiの取扱店

その他のBianchiの取扱店情報をお持ちの方は「掲載情報の訂正依頼」からお知らせ下さい。


掲載情報の訂正を依頼する

掲載されている情報について

  • 掲載のショップ情報、試乗車・展示車情報など、すべての掲載情報については万全な保証をいたしかねます。掲載情報について訂正が必要な場合は「掲載情報の訂正を依頼する」から訂正依頼をお願いいたします。
  • 各ショップの試乗車・展示車情報は常に変動しています。最新の情報は必ず各ショップへお問合せください。